「駒門風穴」は子連れでも安心な御殿場の観光スポットです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ぷらっと行ける天然記念物

駒門風穴は国指定の天然記念物です。

梅の屋旅館から、車で2分

徒歩で7~8分の距離にあり、

近すぎてありがたみを忘れてますが(笑)、

子連れでも、カップルでも、

意外に楽しめる観光スポットです。

「梅ちゃんブログ」がスタートして、

なんだかんだと数か月が経ちますが、

はっきり言って

『御殿場に来られたお客様のタメになる』

内容が少なすぎなので(笑)、

ここらで一発観光ネタをUPしたいと思います。

  1. 駒門風穴の説明
  2. 料金と営業時間
  3. 小さい子供さんも楽しめる&注意点

「スポンサーリンク」

1.富士山界隈では最大級で最古の溶岩洞窟

はい、タイトル通りです。

約1万年前の富士山の爆発による、

三島溶岩流という溶岩の流れででき、

富士山では最古の溶岩洞窟でございます。

駒門風穴 説明 看板

入り口前の看板にはこんな事が書かれてます。

写真だと見にくいと思いますので、

かいつまんで書きますと…

  • 大正11年に国の天然記念物に指定された。
  • 風穴内部は本穴と枝穴に分かれている。
  • 天井の高さは、最高で10メートル・最低で1.7メートル。
  • 内壁には無数の溶岩鍾乳石が垂れ下がっている。
  • 中の温度は一年を通じて13℃。
  • 奥にはコウモリや小動物が生息している。

看板には書いてありませんが、

敷地内には、富士山の湧き水が出ています。

駒門風穴 湧水 岩の間

水草と苔が年季を感じさせます。

2.駒門風穴の料金と営業時間

料金表はこちら。

駒門風穴 料金 子連れ

こちらが駒門風穴の入洞料金です。

大人=300円

高校・中学生=200円

小学生=100円

幼児=無料

となっております。

営業時間は9:00~17:00です。

(12~2月は16:00まで)

比較的良心的価格の観光スポットだと思います。

「スポンサーリンク」

3.小さい子供さんも楽しめる&注意点

昔は地元の人しか行かなかったんですが、

メディアの発達によって日の目を見て、

最近では県外ナンバーの車が多数訪れる、

知る人ぞ知る場所になっております。

訪れる人が増えた事で事故なども懸念されるようになり、

洞窟中身も自然を壊さない程度に整備され、

今ではだいぶ安全な施設になりました。

数百円の入洞料金で、

30分~1時間は楽しめます。

中に入った時のひんやりした空気。

他の観光客がいなかった時の静けさ。

洞窟内に響く天井からの水滴の音。

外部の騒音から遮断され、

自然の力をまじまじと見せられた時、

素直に感動が胸をよぎります。

そんな駒門風穴、

梅ちゃんの子供の頃は、

中の照明の数もそれほどなく、

懐中電灯やろうそくなどを持って入りました。

ちなみに現在は、

手ぶら・普段靴でもO.Kです。

普通に歩けるお子さんだったら、

大人が付き添っていれば大丈夫でしょう。

ただ、子供さんがぐずった時など、

抱っこやおんぶが想定される場合は、

ちょっと危険です。

親の両手が塞がってしまうと、

万が一転んだ時に、

子供だけではなく親まで受け身が取れません。

「危ないから抱っこする」

ではなく、

「危ないから自分の足で頑張ろう」

そんな気持ちで親子で楽しんでいただくのが

よろしいかと思います。

実際に梅ちゃんが子供を連れて行ってきた話はこちら

⇒御殿場の観光スポット「駒門風穴」に看板娘たちと行った話。に続きます。

梅ちゃんの子供の頃のおバカな探検話はこちら

⇒駒門風穴編最終話、立ち入り禁止看板の奥には何がある?に続きます。

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする