「御殿場の面白い若旦那」宣言、インバウンド化へ前進。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何とビックリ「ノープラン旅行」!!

先日お泊りになった、

オーストリアからのお客さん

「クリストフ兄弟」のお話の続編です。

宿泊初日は近くのスーパーでお弁当を購入し、

お部屋でのんびりしていたお二人。

翌朝、兄がロビーでタブレットを見ていたので、

質問をしてみました。

  1. 日本に何日くらいいるの?
    (現在何日目?)
  2. どこに行く予定?

もちろん英語でペラペラ話せるはずもなく、

手を広げてゼスチャーをしながら、

梅ちゃん(以下梅:):

「ハウ・ロング・ステイ?ジャパン」

クリストフ(以下ク:):

「ワンマンス(一か月)」

さらに、

ク:「ペラペーラ、ナリタペラ

ペーラペラペラ、オオサカペラ」

どうやら、成田に到着して、

一か月後に大阪から日本を発つらしい。

梅:「日本に来て何日目?

どこに行ったの?」

当然筆談で(笑)

御殿場 インバウンド 梅の屋旅館

言葉は分からなくても、書くとニュアンスで伝わりやすいですね。

ク:「ペラペーラ、ナリタ、スリーデイズ

ペラリ、トキョー、スリーデイズ

ペーラ、ヌマヅ、スリーデイズ

ゴテンバ、ペラペラナウ。」

梅:「フエア、イズ、ネクストプレイス?」

御殿場の隣を指さして、次の目的地を聞くと、

ク:「ノープラン」

笑顔で答えるクリストフでした(笑)

「スポンサーリンク」

沼津から徒歩で移動だって!

沼津から御殿場まで、

距離にする20キロぐらいでしょうか?

3日間沼津をエンジョイした彼らは、

御殿場にある梅の屋旅館まで

徒歩で移動してきたそうです。

オーストリアでは、

ハイキング・トレッキングを楽しむ人が多いらしく、

徒歩での移動は苦にしないそうです。

ク:「マウントフジ、クライム、OK?」

富士山に登りたいそうですが、

まだしっかり雪が残ってます。

梅:「メニースノウ、

トゥークール、

ベリーデンジャー」

頷くクリストフ。

理解してもらえた模様。

大雨が降っていた2日目、

彼らはほとんどの時間を

ロビーで過ごしました。

3日目に富士山の湧き水を汲みに行く

相変わらずロビーでのんびり過ごすクリストフ。

川の中の鮎が自分のテリトリーを守るかのように、

同じ場所に座りタブレットをいじり、

かっぱえびせんなんかをツマミに、

昼から日本酒をかっ喰らう。

梅:「何かすること無いの?」

ク:「この時間が楽しい」

そんなやり取りを交わしふと思う。

だったら無理やり御殿場を味わってもらいましょう(笑)

紙に色々書き込む梅ちゃん。

さすがに言葉がわからないので、

google君の翻訳のお世話になりました。

富士山 湧水 伏流水 english

紙に書いた富士山の湧き水の説明書き。

  1. 富士山に積もった雪が解け地面に浸み込む
  2. 岩や砂・腐葉土の中を通過し濾過される
  3. 20年後に湧水(spring water)として湧き出る

紙を見て分かっていただけましたか?(笑)

梅:Let’s go! This place with me.by car

合っているか間違っているかはともかく、

力強く頷くクリストフ。

続いて一言、

ク:「ペラペラ、マニー、ユー

:「ノーマネー。

イッツ・マイジョブ!

アンド

ウィー・アー・フレンド!!」

金なんていらねーぜ。

水を汲みに行くのは仕事だし!

それに、俺ら友達じゃん!!

そんな意味を込め、

100万ドルのスマイルを浮かべながら

親指を立てる梅ちゃんに、

1000万ドルのスマイルで答えるクリストフ(笑)

どうやら通じたようです。

そんなこんなで富士山の湧き水のポイントに到着。

富士山 湧水 伏流水 沼田

流れ出る水をすくい上げ飲み干す…の巻

このやり取りで2人は完全に打ち解けました。

「スポンサーリンク」

うまい日本酒と馬刺しを希望される!

宿に戻るとおもむろに財布を取り出し、

梅ちゃんに語りかけるクリストフ。

聞き取れたキーワードは、

サケ・ユー・セレクト

梅ちゃんコンピュータが回転を始め、

『何か美味い酒を選んで買ってきてくれ!』

と勝手に解釈(笑)

梅:「チョイス・ミー?」

ク:「イエス。ハウマッチ?」

梅:「2000エーン。」

千円札を2枚取り出すクリストフ。

ここで梅ちゃん更にひらめく。

梅:「ドゥーユーノウ?

フェイマスフード、

イン・ディス・シティー」

ク:「NO」

梅:「イット、イズ、フレッシュホース(馬刺し)」

ク:「フレッシュホース?」

梅:「イエース、ホースサシミ!」

ク:「アンビリーバボーー!!!!」

梅:「トライ、イッツ?」

ク:「イエース、」

さらに1000円受け取り、

夜9時に旅館ロビーに集合という約束を交わし、

預かった3000円を手に近所のスーパーに向かいました。

預かった3000円は、

静岡の酒(吟醸のフルーティー)=1600円

プラス

スパークリング日本酒=550円

馬刺しモモ肉=800円

になりました。

商売人失格と言われるかもしれませんが、

友人からボッタくるのも嫌なのでここは原価で(笑)

そして、約束の21時がやってきて…

馬刺し 鹿刺し Horse sashimi Deer sashimi

おバカ…「馬」「鹿」になっちゃう獣肉の巻

馬刺しがロビーに登場!!

食品衛生上難しい事は書けませんが(笑)、

彼らにとって初めての経験を、

こんな田舎の小さな旅館で提供できた事は、

サービス業を営んでいる者にとって、

この上ない幸せと言えます。

「マスターベーション」と言われても構いません!

さらに梅ちゃんチョイスの日本酒も。

馬刺し 鹿さし horse sashimi deer sashimi

美味しい生肉にSAKEという至福のひと時。

ちなみにクリストフの弟さんは、

オーストリアの三ツ星ホテル調理人…

しかも、肉担当のシェフをしているらしく、

ナマ肉を見た瞬間に、

「こっちが馬で、こっちが…」

とわかったそうです。

『アンビリーバボー』

『ベリーエキサイティング』

を連呼しながらSAKEをかっ喰らい、

ものの10分ほどでケモノ肉を平らげた二人。

つたないコミュニケーションも、

酒が入ると楽しくなるのは万国共通です。

エロい話なんかも含めて(笑)、

2時間くらい語り合っちゃいました。

日本に来ての出来事編

弟さんは日本のアニメが大好きとの事。

秋葉原にてメイド喫茶に行った時の話ですが、

「ビール一杯3000円」

にぶっ飛んだ。

日本のホテルの対応は非常にドライで、

時間になった瞬間、

「チェックアウトプリーズ」

通勤ラッシュの混雑に驚いた。

さらに、電車に乗って会社に向かうスーツの人々の目が、

「死んだ魚」のようで切なくなった…

梅ちゃんの解釈があっているかどうかは分かりませんが、

日本人は勤勉で優秀であるが、

もう少し人生を

エンジョイした方がいいんじゃないの?

そんな感じの事を話していたような気がします。

そして、

「お前のような

イカれた野郎は

大好きだぜ!!」

そんなニュアンスの事を、

“間違いなく”言ってました(笑)

さらに、

「シラフの時はイマイチだったけど、

酔っ払ってからの

コミュニケーション力は素晴らしい!」

おいおい、それは褒め言葉か?

まぁ、そんなクレージーな

クソ若旦那は、この際開き直って、

『上品。品格』

なんていう言葉からは程遠い、

「面白い若旦那」

として、御殿場の旅館業界に、

燦然と君臨しようかな(笑)

…なんて少し思っている次第でございます。

もちろん礼儀とか、

サービス業に携わる人間として

必要なものは忘れませんけどね。。

普段と違う環境で、

普段と違うお客様に接した事で、

少しだけ芽生えた心境です(笑)

そんな異文化交流を満喫した3日間でしたが、

翌日にはついにお別れを迎える事になってしまいました。

彼らの翌日の宿は『富士吉田』。

無責任にバス停に放り出すのも何なので、

須走の立山の登山道の入り口まで車で送ることを約束し、

彼らを客室に送り届けるのでした。

「海外からのお客様、御殿場から富士吉田へ旅立つの巻」へ続く⇒

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする