人前で話す時の注意点と失敗しないコツ/PTA会長の独り言

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


PTAやJCで学んだ人前で話す時のコツ

PTA会長や保育園の保護者会長としての挨拶やスピーチ。

選挙の司会やパーティーの進行など、

その手の人前で話す事が非常に多い梅ちゃんです。

PTA関係で挨拶ネタをいくつか書いているのですが、

「どうせだったらその時に自分が学んだことを、

ブログネタにしてしまえ!!」

とキーボードを叩いてます(笑)

人前で話す時の注意点と失敗しないコツ、もくじ

  1. 人前で話す時の注意点
    1-1.姿勢を正し、オーラを放つ!
    1-2.出だしで、普段より声のトーンを一つ上げる
    1-3.ゆっくり、はっきりとした声で
  2. 人前で話す時に失敗しないためのコツ
    2-1.挨拶する会場に少し早めに入りましょう
    2-2.「緊張は友達」と考えた方が気楽です!
    2-3.絶対に伝えたい事だけは盛り込む!
    2-4.ちょっとした言い間違えは気にしない!
  3. 紙に書いた挨拶を読む時の注意点
  4. まとめ
    4-おまけ.~秘密の上達訓練~

「スポンサーリンク」

1、人前で話す時の注意点

ここでは、

意識して心がける事によって、

  1. 自分に自信が出る
  2. その雰囲気が見ている人を取り込み
  3. 会場の良い雰囲気がさらに自分を盛り上げる

そんな自分が意識する所作を書いてみたいと思います。

自分が話す事で会場の雰囲気や、

聞いている人の目線や頷きなどがはっきり分かると、

メチャメチャ気持ちいいですよ(笑)

1-1.姿勢を正し、オーラを放つ!

一番最初に注意することは、

自分の姿勢です。

緊張したり自信がないと、

どうしても猫背になりがちです。

また、片方の肩が下がったり、

クネクネ動いたりすると、

見ている(聞いている)方も、

気持ちが離れてしまいます。

話し始める前に軽く息を吸い込み、

背筋を伸ばし両肩を後ろに開いて下さい。

それだけで気分も視界も変わり、

自分自身に落ち着きが出て、

周囲の人(聞いている人)が自分の世界に入ってきます。

もくじへ戻る⇒

ページの最初に戻る⇒

1-2.出だしで、普段より声のトーンを一つ上げる

軽く意識するだけで結構です。

あまりにもハイトーンになりすぎるのも危険です(笑)

大体のスピーチが、

「こんにちは・こんばんは」

から入る事が多いですよね。

カラオケのキーを1つ…2つくらい上げる気分で。

腹から声を出さないと、

普段より高い声は出しにくいと思います。

そうする事によって、軽く顎が上がり、

さらに背筋が伸びます。

声のハリとビシッとした姿勢によって、

聞く人はさらに取り込まれていくはずです。

1・2回で結構です。

会場に向かう車の中、

自宅のトイレなどで練習する事をお勧めします。

もくじへ戻る⇒

ページの最初に戻る⇒

1-3.ゆっくり、はっきりとした声で

人前で話す時はどうしても、

・早く終わらせたい!

の気持ちが先走って早口になりがちです。

プロのアナウンサーのように

普段から発声練習をしている方ならよいのですが、

慣れない方は緊張して口が乾き、

さらに早口になる事が重なり、

かんでしまう場合が多くみられます。

一回噛んでしまうと焦りが生まれ、

自分の意識が、

挨拶を行う⇒さらに失敗したらどうしよう

という感じに「悪循環」に陥ってしまいます。

あまりスローすぎるのもどうかと思いますが、

子供への読み聞かせぐらいでしょうか。

普段よりもゆっくりを意識して、

さらに、句読点を自分の中で入れながら話すと、

頭を整理しながら話せるようになります。

悪循環になってグダグダになるよりは、

ゆっくり確実に終わらせた方がいいと思います。

もくじへ戻る⇒

ページの最初に戻る⇒

2、人前で話す時に失敗しないためのコツ

人前で話す時に失敗する時の一番の要因は、

『緊張』

ですよね。

・緊張が呼び込む失敗

・ミスが緊張を呼び寄せテンパッてしまう

そういう『悪循環』に陥らないための、

ちょっとしたアドバイスになります。

2-1.挨拶する会場に少し早めに入りましょう

結婚式などは効果てきめんです。

知っている人に会い昔話などをする事によって、

自分の気持ちに整理がつきます。

入学式や卒業式など厳格な式の場合でも、

会場の空気に慣れる事が出来ます。

自分がその場に立った雄姿を思い浮かべて下さい!

逆に、失敗するシーンを思い浮かべて下さい。

何が起きてそうなりましたか?

だったら自分はどうすればよいのでしょうか?

最後にもう一度、

自分の頑張った姿を想像してください。

自分が会場に同化するのではなく、

会場を自分の気持ちに同化させるくらいの気持ちで行きしょう!

もくじへ戻る⇒

ページの最初に戻る⇒

2-2.「緊張は友達」と考えた方が気楽です!

自分がどんなに望んでいなくても、

人から頼まれるスピーチ。

立場によって発生する挨拶。

これは、大人になればしょうがない事です。

緊張は誰でもします。

でも、一つの壁を超えると思って、

『俺、チョー緊張してるじゃん(笑)』

って、今の自分の状況をわざと客観的に見て、

ビビっている自分を笑っちゃいましょう!

名前を呼ばれ挨拶が始まる時には、

開き直った自分がいるはずです!

もくじへ戻る⇒

ページの最初に戻る⇒

2-3.絶対に伝えたい事だけは盛り込む!

これは、「聞いている人」の立場から、

失敗の評価をされないためのコツです。

『長々と話してたけど、

結局何が言いたかったの?』

そういうスピーチありますよね(笑)

だったら、

・こんにちは

・面白いエピソード(伝えたい話)

・(最後に)心からおめでとう!!

の挨拶の方が、人の心に残りますし、

聞いている方も気持ちが良いものです。

必ず

「絶対に伝えたい事」

と、

「最後の締め」

だけはご用意ください。

「最後の締め」

でよくあるパターンを書きますので、

お使い下さい。

結びに当たりますが、

本日ご出席いただきました皆様のご健勝・ご多幸。

また、○○(学校・会社など)のさらなるご発展。

そして○○(主役…新一年生・卒業生・新郎新婦の家庭)の未来が

素晴らしいものになるようご祈念申し上げ、

私の挨拶とさせていただきます。

本日は誠におめでとうございます!

もくじへ戻る⇒

ページの最初に戻る⇒

2-4.ちょっとした言い間違えは気にしない!

例えば接続詞…

「しかし」「また」

などを言い間違えて文脈が若干おかしくなっても、

名詞・動詞をはっきり言えば、

話の内容は人に伝わります。

「5-2」で書いた「伝えたい事」のスモールバージョンです。

私はグラスに入った冷たい水が飲みたい

だったら、

『水』『飲みたい』

が重要なキーワードです。

「グラス」が「紙コップ」や「湯飲み」でも、

はっきり言って全然構いません!

それくらいの気持ちで、

動詞・名詞をはっきり言い、

多少の言葉違いは気にせずに、

最後まで押し切っちゃいましょう(笑)

もくじへ戻る⇒

ページの最初に戻る⇒

3、紙に書いた挨拶を読む時の注意点

一番大事な事は、

大きなきれいな字を

大きな紙に書き込む

A4の紙が何枚になっても構いません。

よくあるパターンが、

ワードで打ち込んだA4の紙を用意したものの、

あまりに文字が小さすぎて(Wordで10ポインントくらい)、

挨拶の途中でどこを読んでいるのかわからなくなり、

慌てふためいて「悪循環」(笑)

どうせカンペするなら潔く!

はっきりと、しっかりと読み切る!!

手のひらサイズのカンペや、

段落や句読点もカットしたカンペを持つ事で、

「依存心UPの朗読マシーン」

になってしまいます。

大きな用紙に、大きな文字の挨拶を用意し、

さらに、句読点や段落もハッキリさせましょう。

1・2回練習する際に、

自分の呼吸や言いやすい所に、

斜線などを入れるとさらに良し。

自分の頭の中に入れるべき「行・フレーズ」が明確になり、

紙を読みながら視線を上げ、

聞いている人と同調する事が出来ます。

そうすることで会場が一体感に包まれます。

「カンペが無いと話せない」

というのは決して恥ずかしい事ではありません。

「カンペに頼る事」も恥ずかしい事ではありません。

だったら、

・大きな紙に(何枚になっても可)

・大きな文字で(Wordで18ポイントぐらい)

・段落・句読点をはっきりと入れて

・練習の際に、呼吸ごとの斜線を入れて

本番は堂々と大きな声で読み上げて下さい。

2・3回練習をすれば、

本番に「顔を上げるタイミング」も見えてくるはずです。

少しプレッシャーをかけるようですが、

聞いている人は「カンペを持っている」時点で、

完成された話を期待してます(笑)

だって内容は出来てるんですから。

そうなると、話し手の表現方法が、

スピーチの成功・失敗の判断基準になってしまいます。

いかに話している最中に、

カンペから目を離して聴衆の方を見るか。

『ただの朗読マシーンではありませんよ!』

という感じで(笑)

それだけで評価は変わりますので、

ぜひ意識して視線を前に向けて下さい。

「スポンサーリンク」

もくじへ戻る⇒

ページの最初に戻る⇒

4、まとめ ~秘密の上達訓練~

一言で「失敗」と言いましても、

  • 自分がしてしまう失敗
  • 周りの人に「やっちゃったなぁ」と感じさせる失敗

があります。

漠然とその場で話すのと、

心の準備をしてから話すのとでは、

月とスッポンくらい違います。

姿勢・声のトーン・テンポ、

緊張を乗り越える準備など、

ぜひご参考にしていただければと思います。

実際に入学式で挨拶した話、

『PTA会長として入学式のスピーチをしてきた!』はこちら

4-おまけ.~秘密の上達訓練~

「話す機会があまりないけど、

話が少しでも上手になりたい」

という方に、秘密の練習方法を教えます。

会社やどんな場面でも、

自分が話さなくても他人が挨拶する事って多いですよね。

そんな時、その人がどんな組み立てで挨拶するか、

今まで以上に人の話を聞いて下さい。

それだけです(笑)

さらに付け加えるなら。

「自分だったらどのように話すだろう」

とイメージをする事です。

飲み会の乾杯や締めの言葉って、

比較的短いじゃないですか。

でもグダグダになってしまう人がいます。

周りの人も、

「長えよ」とか「ダメだなぁ」

と簡単に言います。

そこで自分も、

「あの人ヘタだなぁ…」

で終わってしまってはそれまでです。

いざ自分がその場に立たされても、

きっと同じことになってしまうでしょう。

例えば締めの言葉だったら、

・どう切り出して

・どうまとめて

・「それでは一本で締めます」

に繋げるか。

少し考えるだけで、

全然違ってきます。

これは訓練ですし、

その訓練を頭の中で行う事によって、

『自分の中の挨拶のテンプレート』

が出来てきます。

ぜひお試しください。

長文・駄文に

最後までお付き合いありがとうございました。

「参考になったぜ!!」という方、

下にあるSNSボタンで共有いただけますと幸いです。

【おまけ】

挨拶の作り方と、話し方の雰囲気づくりなど、

参考にした本です。

『たった一日』は大げさですが(笑)、

気軽に練習・実践できるコツが書かれてわかりやすいです。

普段意識しない「声の出し方」なども書かれており、

通常と少し違う視点で『スピーチ』を成功に導くきっかけになると思いました。

「スポンサーリンク」

もくじへ戻る⇒

ページの最初に戻る⇒

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする