自己紹介のページに書こうとしたらダラダラしちゃったので投稿

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己紹介的が脱線しちゃった。

こんにちは、梅ちゃんです。

梅ちゃんは静岡県御殿場市に在住の40を過ぎたおっさんです。

梅の屋旅館という、

旅館とビジネスホテルと民宿を足して3で割ったような旅館の若旦那をやっております。

40名様規模の宿泊施設です。

御殿場生まれ御殿場育ち、

悪そうな奴は大体友達…ではありませんが、

浪人&大学時代の5年間東京で過ごした以外は、

生粋の御殿場でございます。

一人の奥さんと、

玉のように可愛い玉のない女の子が2人。

おばあちゃんとおじいちゃんの6人で生活しております。

「スポンサーリンク」

ポリシーっていうか考え方

んー、何でしょ(笑)

基本的に、

「何でも楽しくなきゃ損」

って考えはいつも持ってます。

クソつまらない事でも、真面目な事でも、

どうせやるなら自分が楽しくならなきゃ。

んでもって、

こんな事を言うと非常にオッサン扱いされますが、

「自分だけが楽しくてもしょうがないじゃん」

っていつも思ってます。

もちろん自分が楽しいのが一番ですが、

  1. 自分が楽しい
  2. 自分の周りが楽しい→自分も楽しい
  3. 全体が楽しい→自分の周りが楽しい→自分も楽しい

そうなって、「楽しい」が、水の波紋のように大きくなるとメッチャ気持ちいいじゃないですか。

楽しさを数値にして、100だとすると、

『自分だけの楽しさ=1』

これを自分だけで100にしようとすると、

物凄い労力が必要になります。

もしくは莫大なお金(笑)

100人集まって、100人が楽しくなるためには、

  1. 自分が100頑張って、全員に1ずつ配る
  2. 全員から1ずつ集めて全体で100エネルギーにする

もちろん前者ははっきり言って不可能です。

梅ちゃんはアラブの石油王でも聖人君子でもありませんので。

でも、後者だったら不可能ではないですよね。

ただし、全員から1ずつのエネルギーを集めるために、

誰かが5か6の労力を使わなくてはなりません。

梅ちゃんは、そんな5か6の労力が気持ちいいと思ってしまう、

ちょっと奇特な人間です。

全体で楽しいが100になれば、

「自分の労力=5」に対して20倍です。

みんなを集めてBBQをしたり、

川でBBQをしたり、

庭にプールを出してBBQをしたり、

BBQばかりやないけ!(笑)

まぁ、そんな感じで大勢集まってワイワイやるのが好きなお祭り男です。

そんなお祭り男が、何かしらイベントを企むと、

「いつもねぇ、アンタはいい顔するばっかりでいいけど、

色々大変なのはアタシなんだから!」

般若のような顔で(⁉)若女将は言いますが、

もう性分なんで治りません(笑)

昔から旅館というサービス業の中で育った事が、

大きく影響しているのでしょう。

「スポンサーリンク」

好きな事

「楽しい事が好き」と書きましたが、

そこにお酒はつきものです。

はっきり言って飲んだくれ男です(笑)

一人で晩酌もしますし、

お客さんとお話ししながら飲むこともよくあります。

友達とワイワイやりながら飲むのも好きですし、

おネエちゃんのお店で…

おっと、こういう事はあまり書かない方が良さそうですね(笑)

趣味ですが、この年になって趣味というと、

「自分の余力を結構注ぎ込んでる」

とか、

「自分の励み・ライフスタイルになっている」

なんてとかく思われがちですが、

基本「広く・浅く」の考え方でなんでもやります。

それでも趣味というニュアンスで答えるならば、

  • ゴルフ
  • 釣り
  • 読書

そんな所ですかね。

ちなみにゴルフは、

「100を切りたい」のレベル

釣りは、中学校時代から持っているセットで行ける釣り限定。

読書は長距離移動の最中。

と、趣味と呼べるか甚だ疑問ですが、

履歴書的なニュアンスで書いてみました(笑)

「どんな旅館なの?」を知っていただくきっかけに

最近の宿泊施設は、

内装も設備も整っています。

多くのチェーン系ホテルは、さらに宿泊料金も安く、

昔から商売している梅ちゃんの所の様な旅館・ホテルはかなり厳しい状態です。

でもね、泊まるってそれだけじゃないと思うんです。

例えば毎年海水浴に行く、海沿いの民宿。

廊下はギシギシ鳴るし、トイレも和式。

隣の部屋とはふすま一枚なんて場所もありますよね。

でも、それが懐かしく感じ、思い出になったりします。

民宿のおばあちゃんが今年も元気だとホッとしたり。

梅の屋旅館もそんなお宿だと思っていただけたら…

「そんなきっかけに」

とこちらのブログをスタートしました。

はっきり言って大して中身のないブログかもしれません。

っていうか、中身はありません(笑)

オッサンが飲んだ勢いで壁に向かって独り言を言っているようなもんです。

でもそこから、

梅の屋旅館の雰囲気と、

御殿場の魅力と富士山の雄大さ、

梅ちゃんのおバカな友人やかわいい看板娘。

そんな事を知っていただけたら幸いです。

旅館にお泊りの際に、

「ブログ読んだよ!」

で梅ちゃんご機嫌になっちゃいます。

今後もよろしくお願いします。

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする