インバウンドの波が梅の屋にも訪れ始めた!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、梅ちゃんです。

「こちらの気まぐれやさぐれ日記」を開始して

かれこれ1か月が経過しようとしておりますが、

旅館の記事が一切ない!(笑)

そこで今回は

『初めて』

ご宿泊されたお客様の事を書こうと思います。

一番最初に作成したブログのカテゴリー、

・旅館の紹介

・ご宿泊のお客様

が、ついに日の目を見る事になりました!!(爆)

世界中の人が利用する「Booking.com」

実は4月から、

Booking.com

という旅行検索サイトと契約する事になりました。

国内で旅行検索サイトといえば、

じゃらん楽天トラベルがよく知られていますが、

こちらのBooking.comは世界中に展開しており、

海外の方も多く利用するサイトなんです。

2020年の東京オリンピックに向け、

海外からのお客様…

俗にいう「インバウンド」の方が増えている昨今、

時代の流れに乗り遅れないためにも、

根っこが生えた重たい腰をついに上げ、

写真などを掲載しスタートしたのでした。

御殿場 Booking.com 梅の屋旅館

Booking.comではこんな感じで表示されます。

そして予約が入るの巻。

サイトの関係者のお話では、

「海外から来るお客さんなので、

数か月先の予約が多い」

との事だったのですが、

何とビックリ開始早々予約が入ったのです。

オーストリアからの男性2人組のお客様でした。

「スポンサーリンク」

恐る恐るの対応にお客さんは…

チェックイン当日、フロントから聞こえる

「ハロー」の声。

お客様にこんな事は絶対に言えませんが、

「いよいよ来ちまった!」

ぶっちゃけそんな心境でした(笑)

フロントに顔を出す梅ちゃん。

ビビリまくっているのを感じさせないように、

「ハ・ハロー」

と明るい笑顔(のつもり)で挨拶する。

すかさず問題が発生!

最近FAXの調子がいまいち良くなくて、

時々印刷の文字が薄くなる事があるんです。

booking.comから届いた予約FAXを見ると、

名前の所だけピンポイントに字が薄くなっており、

ただでさえ読み慣れない英語表記が余計にわからない。

「あ、あう…

チュー、チュア、

チュアリストロフ?」

どもる梅ちゃんの目を見て彼は力強く、

『クリストフ』

そう答えました(笑)

こちらが言う前にパスポートを提示し、

「ネームプリーズ」

で宿帳に名前を記入。

穏やかな瞳・しぐさから、

日本に慣れた雰囲気を感じ一安心。

しかし、

「ジャパニーズOK」

の問いには残念ながら

『NO』。

USB付の延長コンセントを貸出し、

一緒に部屋まで案内。

お風呂の場所、トイレの場所を説明し、

部屋の電気の付け方を教え、

「外階段から屋上に上れるよ?」

と日本語で伝え(笑)

とりあえずのチェックインが終わったのでした。

意思疎通に大事なのは「キーワード」

そんなこんなでチェックインも無事終わり、

連泊のお客さんの夕食を作り始めた梅ちゃんでしたが、

フロントから「ハロー」の声。

クリストフ(以下ク:)が梅ちゃんに話しかけます。

ク:「クエスチョン?」

梅ちゃん(以下梅:)「OK」

するとクリストフ、

全力の早口&長文でしゃべり始めました。

ク:「ペラペラ・ペラペーラ、ルーフ、ペーラペラ」

ルーフの時に手を空にかざしました。

梅:「ルーフ?OH、屋上ね?」

クリストフと同じように空を指す仕草をする。

ク:「イエース!

ペラペーラ、ピクチャー

ペーラペラペラ、マウント富士

はい、屋上で富士山の写真を撮りたいと(笑)

梅:「OK、OK」

梅:「プリーズ、ビーケアフル

ルーフ、ベリー、スリッピー」

足を床にこすり付け、

滑って転ぶ仕草をしました。

クリストフは笑顔で親指を立て、

屋上へと向かうのでありました。

何だか楽しくなってきた!!(笑)

コンビニとスーパーの場所を案内すればOK。

お腹が空いたとロビーに下りてきた2人。

ク:「ペラペラ、レストラン?

アイム、ハングリー」

しかしこの界隈には、

夕方4時にやっているレストランはありません。

居酒屋さんを案内しようと思ったのですが、

早くてもPM5時オープンです。

そこで梅ちゃん紙を取り出しまして、

近所の地図を作成。

梅の屋旅館 インバウンド 旅館周辺地図

分からない分は視覚でカバー(笑)

梅:「ディスイズ、スーパーマーケット。

アンド、コンビニエンスストア。

コンビニエンスストア、イズ、24アワーズショップ」

ク:「OK」

梅:「アンド、ディスイズ、サイトシーンスポット

ビッグホール!!」

最後の謎の文章は、

徒歩7~8分の場所にある、

駒門風穴という洞窟の説明だったんですが、

その時は確実に伝わってなかったと思われます(笑)

とりあえず、お買い物の場所が近いという事が伝わったのでよしとしましょう。

クリストフは大切そうに、

センスのかけらを全く感じさせないメモ紙を、

ポケットにしまうのでありました。

「スポンサーリンク」

珍しい来客に看板娘も大興奮

厨房で仕事を始めた梅ちゃんの所に看板娘がやってきて、

娘:「お父さん、

ナイストゥーミーチューって言われたら、

何て答えればいいの?」

と質問してきました。

===

実は梅ちゃんファミリー、

2016年の年明けを親戚の住むアメリカで迎えたんです。

その時娘は海外に非常に興味を持ったらしく、

外人さんとの会話・コミュニケーションに対して、

全くビビる事なく立ち向かっていくようになりました。

===

そんな事が影響しているのか、

クリストフ達とのファーストコンタクトを取るために、

確実に聞かれるであろう

「ハウ・アー・ユー」

という質問への答えを用意するという周到さ(笑)

さすが、旅館の看板娘です(笑×2)

「アイムファイン」

を教えると早速すっ飛んで行く娘1&2。

親バカ親父は心配になり柱の陰から見守ってましたが、

そんな心配をよそにニコニコと話しかけてます。

いつの間にやら写真撮影まで。

御殿場 booking.com 梅の屋旅館 インバウンド

お買い物に行くときに、看板娘と記念撮影。

彼らの宿泊予定は3泊4日。

「日本の温かさを感じてもらうぞ!!」

そう心に誓い、

梅ちゃんにとっても非常に印象深い4日間が始まるのでした。

⇒「御殿場の面白い若旦那」宣言、インバウンド化へ前進。に続く

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする