海外からのお客様、御殿場から富士吉田へ旅立つの巻

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クリストフ兄弟、梅の屋を旅立つ

長きにわたった、海外からのお客様、

『クリストフ兄弟編』

いよいよ完結となります。

3泊4日の梅の屋の滞在では、

ほとんどの時間をロビーでタブレットを触りながら、

日本酒をかっ喰らって過ごした彼ら。

のんびりした時間を

過ごせたんじゃないかな?と思います。

彼らの3泊4日のお話

「御殿場の面白い若旦那」宣言、インバウンド化へ前進。

その中でも、

富士山の湧き水を汲みに行ったり、

御殿場名産の馬刺しを食べたり、

梅ちゃんセレクトの日本酒を紹介したり、

近所の天然記念物『駒門風穴』を案内したり、

徒歩5分のスーパーであれこれ買い物をしたり、

有名な場所やら

高いお店には行かなかったようですが、

日本の普通の生活を

味わっていただけたかな?

お金をかけずに、

日本的雰囲気を感じていただけるように、

こちらも務めていたわけですが、

宿を発つ時の彼らの顔は、

とて晴れやかだったように思います。

御殿場 インバウンド 梅の屋旅館

出発前に記念撮影を。

その日は多少曇っていたものの、

別れを惜しむかのように富士山も顔を出してくれました。

御殿場 富士山 梅の屋旅館

山頂部分だけ顔を出してます。

雨の日もあったので、

毎日ではありませんでしたが、

晴れた日は屋上に上がり、

富士山と戯れていたそうなので、

出発時も見送ってくれたんだと思います。

「スポンサーリンク」

須走に向かう前に寄り道

彼らの行先は富士吉田。

御殿場駅からのバスを案内したのですが、

「富士山周辺を散策しながら

富士吉田に向かう」

との事だったので、

須走の登山道の入り口まで

車で送っていく事にしました。

須走からひと山越えると山中湖に着き、

そこからさらに徒歩で富士吉田に向かうとの事。

タフ過ぎるぜ!!

オーストリアの人にとって、

そういった散策はごく当たり前との事ですが、

近所のコンビニまで車を使う梅ちゃんにしてみると、

到底理解しがたい事でした。

須走の登山道まで送り届ける事は、

別れ間際の最後の優しさでございます(笑)

そんな道中ですが、

普通に大きな国道246号を使っても面白くないので、

微妙に裏道を使いながら走っていると、

車の窓を震わせる

「ドーーン」

という御殿場に住む人がよく聞く音。

ふと閃いた梅ちゃん。

「20分くらい時間はある?」

と問いかけ、

返事が返ってくる前に勝手に方向転換(笑)

東富士演習場では、

自衛隊による訓練が行われてました。

草むらに車を停車させ徒歩で案内。

指の先には90式戦車&装甲車。

その瞬間、

赤い旗が掲げられていた戦車が一発ぶっ放し、

飛び上るほど驚く二人。

東富士演習場 90式戦車 演習中

打ち終わった車両は緑色の旗を掲げます。

椅子に座り双眼鏡で先を眺め、

紙に記入している少し上級っぽい自衛官の方がいます。

梅ちゃんの勝手な想像ですが、

訓練の精度を上官が見ているのでは…

と思いました。

写真をバンバン撮れるような雰囲気ではなかったので、

そそくさと退散しましたが、

クリストフ兄弟はかなりエキサイトしてました。

車に戻り演習場を撮影。

東富士演習場 二の段 総合火力演習会場

広がる草原の先に的が見えます。

梅ちゃんの寄り道作戦、

二人に喜んでいただけたようです。

旅の安全祈願、冨士浅間神社でお参り

「ここまで来たらとことんやれ」

そんなモードに突入しちゃいました(笑)

赤信号で停車中に携帯を取り出し、

翻訳ソフトで調べた言葉、

Shrine=神社

「旅の安全をここで祈願するんだぜ!」

的な言葉を話し、携帯を見せ、

「レッツゴー・ウィズミー」

相手の返事は聞きません、

勝手に連れて行くだけです(笑)

到着したのは、

『冨士浅間神社』

御殿場 富士山 冨士浅間神社

彼らの旅の安全を祈願します。

さらに奥へ進むと、

東富士浅間神社 鳥居

張りつめた空気の中そびえたつ神門。

手水で身を清めます。

彼らに使い方をレクチャーします。

富士浅間神社 清め水

手を洗い、口を漱ぎます。

  1. 右手で柄杓を持ち、左手を清める。

  2. 左手で柄杓を持ち、右手を清める。

  3. 左手のひらに水を注ぎ口を漱ぎ、 左手を洗い流す。

梅ちゃんが注意書きの通りに行い、

それを彼らが真似ます。

今後日本の神社に行った時は、

『日本通を気取った外人さん』として、

日本人と同じくらいに、

さり気なく、身を清めてほしいです(笑)

本堂に到着。

富士浅間神社 安全祈願

お賽銭を入れ、旅の安全を祈願します。

もちろんここでも、

『二礼、二拍、一礼』

を教えます。

残りの約2週間、

彼らの日本の旅行が、

安全で思い出深いものに

なりますように…

そんな事を願い、

神社を後にします。

神社の説明書きがありました。

富士浅間神社 石版

英語の説明書きがあって助かった(笑)

富士山を上から見た図があったので、

自分が今いる場所と、

どういうルートを通ってどこへ向かうのか、

指で示して説明します。

「スポンサーリンク」

いよいよお別れの時が

なんだかんだと4日間の珍道中(⁉)も、

フィナーレを迎える事になりました。

彼らと別れる場所は、

立山に向かう登山道の入り口。

山道を約2キロほど登り、

山頂から山中湖方面に下り、

そこから富士吉田へと向かう長いルート。

富士箱根トレイルのホームページはこちら

ここから約2キロの道のりが始まります。

富士箱根トレイル 立山 富士山トレッキング

登山道の入り口にある案内板

愛しさと切なさと心強さ(by篠原涼子)の思いが溢れます。

青く澄んだ瞳でこちらを見据え、

口角がすっと上がり

「Thank you」

と手を差し出すクリストフ。

固く握手を交わします。

アイ・ホープ

トゥー・ビー・グッドトラベル

イン・ジャパン

ユアーズ

文法なんかクソ喰らえで、

ゼスチャーを交えゆっくり話し、

今度はハイタッチ。

彼らの背中が見えなくなるまで、

見送る梅ちゃんでした。

富士山トレイル 立山入り口

あっという間に見えなくなっちゃった(泣)

車を走らせると、

梅の屋周辺では完全に散った桜が、

標高の高い須走では満開でした。

須走 桜 富士浅間神社

風に吹かれ舞う桜が儚さを感じます。

彼らは日本旅行をエンジョイし、

今頃オーストリアで元気にやってることでしょう。

お客様からも色々な思い出や、

たくさんいただきました。

英語力はまったく上達してませんが(笑)、

コミュニケーション力だけは上がったかな?

「スポンサーリンク」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする